最近、昔の書き方が思い出せない

どうもです、どうもから始まるブログです。



題名の通り、最近書く能力が上がってきたようで、昔の自分の書き方が分からない。
良いことなのか、悪いことなのか
どうやら前者でもあって後者でもあるようです。

それなりに人前に出せるような文章を書けるようになってきました。
だけどやっぱり昔を思い出せないというのは寂しいところがあります。
昔を通して成長していくはずなのに、過程が分からなくなってしまっている。
親が死んだときや大事な人が死んだ感覚に似ていると思う。



それまではそれらを通して生きてきたはずなのに、前の自分が思い出せない。
過去を通して育ったはずなのに、過去を忘れて育っていく。
そしてまた過去を忘れて出発する。繰り返し忘れて、生きていく。
人間である以上、過去を忘れるのは仕方ないことだけど、仕方ないで済ますのは妙に寂しい。



まぁ、結局何が言いたいかと言えば、昔の自分の書き方が分からないというだけ。
故人を偲ぶように、自分の過去を偲んでみた。
書き方が変わって初めて気付いた。
自分、文章書く能力、無かったんだな。
スポンサーサイト

コメント

ん~、難しい話で捕らえると難しいですが、
簡単に言えば、簡単になるような……

あれ?自分何言っているんだ?

……ま、まぁとりあえず文才は上がってきていると思いますよ。
少し時間が空いたときにでも自分の小説を読み返せば新たな発見が……

紅魔館ルートの時よりは絶対に上手くなってきていると思います。
Hit数が段々上がってきているのがその証拠だと思います。

少し「お前何様だよ」みたいな発言をお許し下さい。

ではノシ
Re: タイトルなし
まぁ、要するにアルツハイマーですww

そうですか、上がってきてはいますかw
いやぁ、嬉しいなぁ

管理者のみに表示

トラックバック